2014年10月13日

第12回:気になるTVCM音楽「キレイな間食」より乙女のポリシー(美少女戦士セーラームーンR)

ある日テレビを見ていたら、懐かしい歌が聞こえてきた。
一昔前、一世を風靡した大人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の第二作目に当たる「R」
そのエンディングテーマだった「乙女のポリシー」である。

歌うのは、今をときめく神田沙也加ちゃん。
(個人的に、劇団新感線の「薔薇とサムライ」という舞台にて、生の彼女の可愛らしさに感激し
 以来ファンである。)
この曲がCMで使われたことについては、ツイッター上でもかなりの反響があった様子。

少し前には、転職サイトの「とらばーゆ」のCMで、セーラームーンのOPの替え歌が使われており
小さいときにセーラームーンを見ていた世代が転職する年齢になったのか、と話題になっていたが
ということは、この「キレイな間食」というお菓子のメインターゲットも、きっと20代半ば〜30歳位の女性なのだろう。

私は…おそらくメインターゲットから外れているが
兎にも角にも、セーラームーンはRの途中からスターズ終了まで見ていたので
この歌には即座に反応し、懐かしみ、嬉しくなった。
(ちなみに曲につられてお菓子も買ってみたが、美味しい。)

少し揺れながらもひたすら前向きな、十代の女の子ならではのきゅんとする(死語?)歌詞に、
アレンジも、8ビートで、Bメロにはいわゆる「PPPH的要素 (タン タタンと手拍子ができるあのリズム)」が入る、アイドルソングの王道の作り。
そんな中、ぜひ注目して欲しいのは、サビのコード進行。
原曲を聴きざっとコードを取ってみたところ、おそらく以下のような感じと思われる。

太線:小節線
細線:拍
(サビ頭から8小節分のコードになります)

乙女のポリシー2.jpg

(※転載禁止です)

メロはほぼ「シ(B♭)」のワンノートで成り立っているのに対し
コードは拍単位でめまぐるしく変化する。
コーラスのボイシングによりところどころに入る分数コードの効果もあって
その揺らめき、切なさ、キラキラ感、どれをとってもこのアニメにぴったりのEDだった。


このアニメが放送されてから、20年が経った。
一人の人間が生まれて成人するくらい、とても長い時間だけれど、それでも曲を聴けば、そのときの自分の心に一瞬で戻ることができる。
子供の頃にセーラームーンを見ていた方、久しぶりに、昔懐かしいアニメの曲を弾いてみてはいかがだろうか。
20年のタイムトリップは、きっと楽しいはずだ。



テレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」スーパーベストテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」スーパーベスト
テレビ主題歌 観月ありさ スリーライツ セーラー戦士 朝川ひろこ プリティ キャスト DALI 高松美砂絵 橋本潮 石田よう子 ムーンリップス

by G-Tools


よろしければポチっとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

posted by sumi at 13:09| Comment(0) | 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。